So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アカアオアヤノサタマリ(現潜極限飽和安定律) [カタカムナ最前線]

楢崎皐月のカタカムナ潜現重畳理論にもとづく、超対称・展心カタカムナによるカムヒビキ解析
楢崎の他界以来、相似象学会によって継承されてきたカタカムナに関する研究は、宇野多美恵会長の突然の他界によってさらなる試練の時代を迎えている。

 楢崎の提示した、カタカムナの理論的解釈に関する検証作業を進める上で最大の障害となることは、宇野会長が再三再四にわたって警告し続けた現代人の感受性鈍化であるコトは疑う余地がない。しかしながら原典の声音符・図象符に対する幾何学的解析もまた重要な要素として取り扱うべき課題である。

 カタカムナ原典に見る表記は上古代人による究極の抽象である。これは感受性の鈍化した現代人にはあまりにも単純すぎるがゆえに難解であった。オツムテンテンの現代人にこれを理解させるには逆に具象化すればよい。

 アマ・カムフトマニとは、タカミ・カムミの現・潜超対象の重畳する偶構造であると楢崎は解読した。それは正反逆位相の相似象(アカアオムカヒ)として潜態粒子(クミヌマリ)を構成している。つまり具象化すれば二つずつのマリによって表現されるわけだ。さらにマワリテメクルの具体的旋転循環位相は原典図象の同心円にあらずとの直観により発明されたのが展心カタカムナである。
カミ000.jpgアカアオアヤノサタマリ
 ヤタノカの旋転循環によりアマハヤミ内においてはタカミカムミの偏在によって現潜バランスのカタヨリが生じる。

 上の図に示してあるのは赤玉のタカミと青玉のカムミの旋転循環による集積位相であるが、タカミカムミの軌道は逆位相の対称をなしている。球心部と左右両側部には赤青の部分があるが、ここはタカミカムミが旋転循環しながらも重ならない部分で、タカミカムミの性質はそのままである。それに対して紫色の部分がアヤシノリといわれる潜現重複部分である。これは潜現いずれの性質にも遷移可能な中性的領域であり、ヤタノカの互換重合の要ともいうべき領域である。      
 

このように、カタカムナの内部構造はカム・アマから受け継がれたアカ・アオ・アヤのサによって互換重合性が成立する。

 トキトコロノマリ.jpg天然自然現象における相似象発生原理を展心カタカムナによって解析することができる。

 楢崎理論によれば、正反対称偶構造・対向発生の原理に則ってあらゆる現象が発生するわけだが、様々な物質構造が形成されるにはヤタノカの一重から八重の重畳によるモコロシマによって様々な物質的現象が発生する。その場合のミクマリ内におけるタカミカムミ間に作用する力線構造を示したのが右の図だ。

  アマナカムナの親和による引力線を緑色で示してある。この力線構造はタカミカムミの旋転循環が連続することによって現象素粒子の物理的構造に相似象的に波及すると考えられる。

  この図に示された幾何学構造の特色について若干の解説をしておく。中心がトキである。タカミカムミのヒにおける接点であり、アマナ・カムナの旋転軸でもある。ただしこの中心点は、あくまでもヤタノカ単位の旋転循環における相対的位相であって、現実世界における物質構造の成り立ちに直接的な影響を及ぼすフトヒ・アサヒヒビキマノスベシによって森羅万象を発生するに至る。

 トキを中心として描かれた黄色い五つの同心円はイツノワといい、アマナ・カムナの中で旋転するタカミ・カムミのヤタノカ別の中心位相を表している。最小の円がヒ、次がフ・ヤ、三番目がミ・ナ、四番目がヨ・ム、五番目がイとなっている。タカカム.jpg
 

タカミカムミの中心位相は、最小単位の引力斥力の発生軌道準位とも言える。

  カタカムナの幾何学的解析を進めれば進めるほど自分が科学者でないことが非常に残念に思われる。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

カタカムナ応用上の注意 [カタカムナ最前線]

 現代日本においてカタカムナの応用を考えるあたって注意すべき点は、明治維新前後の外来語、とりわけ欧米語から明治以降に翻訳された日本語と、カタカムナ由来の日本語の分別を要するということである。その意味からいって明治に入って最初に編纂された国語辞典・言海は非常に参考になる。
 明治維新後西洋の学問を積極的に取り入れるにあたり、それまでの日本語にない概念や学術用語がたくさん造語されてきた。中でも現在使われている自然という概念は人類と対峙する存在をさし、本来自然発生した人類の存在と矛盾することに最大の注意を要する。
 

カタカムナにおいては、マというひとことが、あらゆる自然現象の総体として、マクロ・ミクロ両方の意味で使われる。
 マは天然自然のありとあらゆる現象事象、つまりは時空間のあらゆる次元をさし、マカタマとして相似象的に球体をなす。あらゆる電磁波、すなわち波動成分もトキトコロノハシマリからの膨張球・マリとして認識されるヒビキである。そしてなにをおいても一番問題なのが人間である。
 

カタカムナいうところヒトとは現代日本語でいうところの人間ではない。人間はもともと仏教用語の、じんかん、すなわちヒトとヒトの合間、転じて社会の意味であったが、明治以降ヒトの意味で使われるようになったもので、大槻文彦による言海には『過ちてヒト』との義が載せられている。
 

 我々の脳・アタマは感受性・ミキキによって得られた天然自然情報・ヒビキの処理と、言語・コトノハによって構築された観念・イシキの両方を同時に処理している。言語入力以外の感受性によって得られた情報・ヒビキは、観念に関係なく細胞単位で処理・ミシロウケされるが、言語は脳細胞に特化されたオペレーションシステムとして機能し、交感神経・副交感神経の双方に影響を及ぼす。このことは自然界における人間社会の侵略的破壊活動と相似象なのであって、一個人の観念による内的浸食と考えるべき現象である。相似象学会云うところの、言語の自然サ量が問われる最大の課題だといえる。
 その意味合いからして、カタカムナによる、現代脳へのクリーンインストールがもたらす、自然サ量の回復が、人類と地球自然の完全和解の鍵となるに違いないと思える。


人類の幸福が自然にとっての不幸であってはならない [展心に問ふ]

 

 展心に問ふ

 位相解析001.jpg

健次郎

「今、カタカムナの末裔として考えるに、我々日本民族がとるべき行動はいかなるものとお考えでしょうか。」

展 心

「いまこそ我らは深く胸に刻まねばならないのです。人類の幸福が自然にとっての不幸であってはならない、というもっともアタリマエなことを。」

健次郎

「人類による幸福追求のあらゆる活動が、地球自然や生命に対して驚異であってはならない、ということですね。」

展 心

「これは地球憲法として地上の最高法規とすべきですね。実践的にはカミタノミにつきます。これは神仏に対する祈りや、祈願・祈祷と意訳されていますが、本来の意味は全く違います。」

健次郎

「神社仏閣などに詣でることではないと。」

展 心

「神社仏閣が結果的にイヤシロチに立地している事実からすれば、無駄ではありませんが、目的はイツキノリによるミノタメです。」

健次郎

「環境の美感電圧による天然充電、アマウツシ・カムウツシということですね。」

展 心

「そのとおりです。カミダノミというのは儀式ではありません。宮司や僧侶に拝んでもらっても何も変わりません。自分でタノムしかないのです。これはどちらかといえば精神的疾患に対する天然物理療法であるといえます。まずはマトモサのミツケです。マトモサは人間状態を解放して静観すれば誰にでも判断できる霊的水準です。これを古来日本民族はカミサマと呼んできたのです。そんな天然の霊的巨大勢力をカンジ、カミサマとして自らミツケル。生命体としてのまっとうな判断を鈍らせないための非常に高度で、簡潔な文明的帰結だといえます。」

健次郎

「環境中の髙電位に平衡安定した静電気による癒しですね。」

展 心

「イヤシロチの霊力というものは、電気勢力に限ったものではありません。ミツゴノタマシヒであるイカツミ・マクミ・カラミの均衡バランスが肝心なのです。そして人としての感受機能を極限まで発揮するための条件となるのが、クヒノサトリです。これは地球上のあらゆる生命現象にとってのトキトコロの発生点である地球の中心から放射状に広がるヒビキを流通させねばなりませんので、非常に重要な霊的体勢といえます。人の解剖学的構造からして、骨盤の前後傾斜角度を決定する仙骨の安定が最も重要な要素であるといえます。」

 

つづく

 

 

 


かくもうつくし骨なれば いかでたたかでおらりょうか [展 心 徒 然 草]

3688272.jpg 鉄をたたき始めてまだ間もない頃、骸骨ばかり拵えていた時期があった。もうかれこれ30年も前のことである。 3531562.jpg   い時分から骨はとにかく好きだった。少年時代を過ごした仙台の実家は市街地のはずれに位置していたため、通っていた中学へは山ひとつ越えて往かねばならなかった。そんなある日、下校途中の道草ルートに、一匹の行き倒れの犬が静かに横たわっていた。迷わず僕は、なるべく人目に付かない場所へその犬の亡骸を移動させ、何事もなかったように家へと戻った。そしてそれ以来約3年にわたって、白骨化するまでの様子を断続的に観察し続けた。  

然界で自然死した動植物が自然に還るプロセスは、実に興味深く美しい。思えば僕の自然に対する美的関心は、完成した色彩・形態の観察より、形あるモノがその一生を終え、風化してゆくその刹那にのみ見ることができる、様々な階層構造の美しさによってもたらされたのだと言える。言葉をしゃべり始める以前からそのプロセスに非常に関心があったことを覚えている。はじめは目にするあらゆるモノが観察対象だったが、そのうち小動物の屍骸が見せる長期間にわたる劇的変様が僕をトリコにする。ウジがわき虫に喰われ、風に吹かれて雨に打たれ、陽にさらされ、霜にあたって凍てつき、雪にうずまりふたたびすがたをあらわす。季節の移ろいはまさに劇的展開を見せてくれた。そしてついに、あまりにも美しい骨がその終幕を飾るのであった。いつしか僕の人生には骨とめぐり逢うよろこびが定着していた。

 骨.jpg

んなわけで鉄をたたくという表現手段を得た僕はとにかく骨をつくりまくったのだった。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ブログ展覧会 [ギ ャ ラ リ ー]

 堀井健次郎・30数年にわたる作品の一部

 

 

6194235.jpg

 

                        RIGHTING ARM TABLE        1980年制作 鍛鉄・木

全て見る


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

カタカムナvortex [カタカムナ最前線]

アマノウズメにみるVORTEXの渦巻き

アマノウズメ.jpg

 カタカムナに見る相似現象の発生原理は、外殻・中殻・心核の旋転循環によって生じる。これがいわゆるヤタノカガミであるわけだが、ヒフミヨイムナヤのヤタノカの中心移動の軌跡が、アマナのウズ、すなわちアマノウズメとなる。この単純な旋転循環の軌跡から、ありとあらゆる現象事象を発生させる外巻きと内巻きのシンメトリーなvortexが生ずる。まさにカタカムナの奇跡というほかない。

相似象解析2.jpg

 

植物との相似象はトキの軸をヤタノカのヒに合わせることで簡単に見分けられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水晶.jpg

 水晶の結晶はヤタノカの引斥力の内角によって生ずる六角形と相似象をなす。


フトタマノミ ミコト フトマニニ [カタカムナ最前線]

 カタカムナ イノチとココロの見取り図

解析用プロセッサー.jpg

フトタマノミ ミコト フトマニニ

ご承知のように、カタカムナはヤタノカカミによるマワリテメグル・旋転循環の位相差によって相似相的に森羅万象を発生しているわけですが、アマカムの対向発生が基本構造となるため、一対のヤタノカによる重畳図が必要となります。
この図に示された直線はアマカムのそれぞれのヤタノカから対向するヤタノカの中心を結んだ線を表しています。これはアマカムの間に作用する引力斥力を表す直線となり、あらゆる物理的構造に相似相として現れる基本形態になります。外形の特徴は、不当辺の六角形となり、二等辺三角形二つのシンメトリーな重畳で表されます。とりわけ、複数の線が集中するポイントは、引斥力の集中によるパワースポットとして、自然現象全般の発生形態に支配的相似相を表します。
一方同心円で示された五つの円は、アマカムの対向するヤタノカの中心どうしを結ぶ線を直径とした旋転軌道を表しています。緑色の濃淡の差で表されているのは、ヤタノカの循環の繰り返しによる統計的密度差を示しています。この密度差は巨察的には銀河のような星雲全体や全宇宙球と相似相であり、微視的には素粒子や細胞の構造と相似相になります。これがいわゆるフトタマノミ、すなわちミコト、フトマニとなります。

塩で葉を もみてぞシソの アクを知る [展 心 徒 然 草]

梅干しづくりのキモのキモ

天然文明的食文化にとって梅干しの存在は味噌と共に忘れてはならないモノである。
毎年梅干しを仕込んでいるのだが、梅や塩の効能はもちろんのこと、いっしょに漬け込まれるシソのことについて、ふれてみたい。

うちで仕込んでいる梅干しのノウハウは仙台の実家で祖母に教わったものが基本となっている。祖母は仙台の江戸時代から続いた「塩長」という塩問屋の娘だったことを考えると、相当の年月を経て蓄えられた知識であったと思う。

三年前から使用しているシソの葉は、祖母の教えであった赤じその葉から、近隣の農家の栽培するカタメンジソ(表が緑、裏が紫)に変更している。生産者の農家に紀州の梅干し屋が使用している品種だと聞き変更したものだが、香りがすこぶる良い。

まず枝についたまま水洗いした後バケツの水にさして一晩おき、葉を乾燥させる。
葉を一枚ずつ丁寧に枝からちぎりとる。
P7120833.jpg

 

ここからが肝心の工程となる。アクを抜くのだ。このアク抜きが、梅干しのキモといってまちがいない。梅干しにとって有用な防腐抗菌効果があるシソの成分は、その細胞内に含まれる色素に多く含まれるいわゆる薬効成分であって、篩管導管内に存在する水溶性成分は苦み青臭さが多く、アクとして梅干しの風味を損なう。

ちぎりとったシソの葉に塩をまぶして放置するのだが、乾いた葉には塩がなじみにくいので、呼び水として霧吹きで水を吹き付けて湿らせながら塩をまぶして行く。塩の量は梅干しの塩分に合わせてシソの葉の重量の10%前後使う。ちなみにこの10%という塩分濃度は、シソの抗菌防腐効果を高める濃度として知られている。
この工程で注意しなければいけない要点は、塩のまぶし方である。シソの葉を傷つけたり折れたりしないように、サクサクと持ち上げながら丁寧に塩をまぶして行く。
P7120836.jpg
塩をまぶし終わったシソの葉は軽くひとまとめにしてしばらく放置する。

葉がしんなりとして来たら、本格的にひとまとまりの饅頭状にしてさらに放置する(約20分ほど)ここまでの工程で一貫して注意しなければならないことが、葉を傷つけないこと。
P7120838.jpgP7120840.jpg
饅頭状のかたまりを手で押さえつけて見て、水分がジワーとにじんでくるようになったところでアクを絞り出す。

ここでも葉を痛めないように両手の平ではさんでしぼれるくらいの量ずつ思いっきりギューっとはさんでアクを絞り出す。決してもんではいけない。黒いアクが絞り出されてくる。

 

 

P7120847.jpg

 

 

P7120852.jpgひととおり絞り終わったシソの葉は、そのままでも使えるのだが、ここでもう一度すすぎを行う。

P7120854.jpgP7120856.jpg

 

すすぎには梅酢を用いる。去年の残りの梅酢に不足分を今年のもので補充して使う。かたまりになったシソの葉をほぐして梅酢をふりかけ絞れるくらいまで湿らせる。軽くもんでもう一度しぼりとる。これでアク抜きは終了となる。

P7120858.jpgP7120860.jpgP7120861.jpg

P7120864.jpgアク抜きが終わったシソは新しい梅酢でもんで色出しを行う。このときには葉がちぎれないように両手のひらで転がすように挟んで、思いっきり色素を搾り出す。

 

搾り取ったシソ汁は、新しい梅酢をたして梅を漬け込める量に薄めておく。

P7120865.jpgP7120867.jpg

漬け込まれた梅をシソ汁につけてから容器に並べて漬け込み、最後に絞ってあったシソを梅酢でほぐしながら、さらに絞りながら漬け込んだ梅の表面に広げてゆく。
P7120870.jpg

P7130871.jpgさて、後は梅雨が明けたら日干しそして満月の夜干しをおこなって完成となる。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。