So-net無料ブログ作成
検索選択
展心に問ふ ブログトップ
前の5件 | -

展心に問ふ その一 [展心に問ふ]

   展心に問ふ・・・対談・カタカムナの可能性
ORGANIC.jpg

堀井健次郎
「本日から、カタカムナの可能性というテーマで展心さんと対談してまいりたいと思います。時間的制約は一切ございませんので、余命続く限り、とことんお話を伺いたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。」
展心
「こちらこそどうぞよろしく。」
健次郎
「まず確認しておかなければならないことは、この対談はカタカムナの可能性というテーマになっておりますが、この可能性という言葉は、どのように解釈したらよろしいのでしょうか?」
展心
「いわゆる、人間社会で生活なさっておられる健次郎さんとお話しするわけですから、現在人間社会が置かれている状況、これは外的要因によって、つまり自然環境によってそうなっているということではなく、人間総体の自己責任によってこうなっている状況に対して、カタカムナの知見がどのような役割を担えるか、ということになりましょうね。」
健次郎
「なるほど、そうしますとこれは人間社会の改善に向けての可能性・ととらえてよろしいのでしょうか。」
展心
「いや、残念ながら一概にそうとは言い切れるものではありません。人間社会というのは自然界においては非常に特殊な存在でありまして、人間の価値基準によってしか善悪という概念が規定されないわけです。これはどういうことかといえば、人間が必要と認めたモノしかその価値を認めないということです。とりわけ問題視されることは人間以外の生命現象に生存する権利というモノを認めていない。これは人間社会の抱える最も大きな霊的欠陥といえるでしょうね。その意味からして、全人類と地球自然の和解のためととらえるべきかと思います。」
健次郎
「地球自然との和解、生命現象に生存する権利を認めるというのはどのようなことでしょう。」
展心
「カタカムナ的には生命現象の個別性といったもの、つまり、動物であるとか植物であるとか鉱物であるとかは、発生時の環境条件・トキトコロに応じて秩序的に構造されるカタチサキといいますが、これら全てがヒトと呼ばれます。」
健次郎
「なるほど、ヒトというのが人間を指す言葉ではないということは私も23歳の時に知りました。もっとも当時はまだカタカムナの存在を知りませんでしたが。」
展心
「その通りです。日本語としても明治になるまでは人間という文言はヒトのこととしては使われておらなかったんですね。最初の国語辞典である大言海にも第三義として あやまちてひと と記されています。ヒトというのはヒのトしたもの、ヒというのはアマとカムのムカヒから発生するヤタノカのハシマリです、このヒがトする。つまり重なり合わさり統合するという意味です。」
健次郎
「そうしますと、人間というのはヒトのひとつだということでしょうか。」
展心
「そのとおりです。しかも人間以外のヒトのほうが比較にならないくらい大勢いるわけです。そしてその大多数の人間以外のヒトに何ら法的な権利を認めない法治国家の集まりが現代人間社会ということになりますね。」
健次郎
「人間以外のヒトにも法的権利を認めるべきだとおっしゃるのですね。」
展心
「そのとおりです。」
堀井健次郎
「しかし人間以外のヒトにどんな法的権利を認めればよろしいんでしょうか。」
展心
「まず認めるべきは自然発生権とでも申しましょうか、アリノママに生きる権利ですね。これは環境条件に応じて発生する生命現象の既得権として人類全体で承認する必要があります。世界平和という概念の中に、人類のみの平和的安定のみならず、自然環境の平和的安定も明確に規定することです。これはあらゆる個別の国家単位憲法の最上位におかれるべきで、地球自然全体をヒトツの生命体として認識する法治体系を意味します。」
健次郎
「それが展心さんの提唱する天然憲法というものですね。」
展心
「そうです。天然憲法の内容についてはこの場では詳しく触れませんが、これが成立する前提条件として、カタカムナの果たせる役割は大きいとだけは言っておきましょう。」

つづく


無限対談・・・・カタカムナの可能性 第二回 [展心に問ふ]

展心に問ふ 第二回
ORGANIC.jpg

健次郎
「人類の地球上における文明形態を、将来的にも法治国家の連合体として考えるというのはどんなもんなのでしょうか。人類と自然との和解といったイメージからすると、法的拘束による平和というのはなじまないようにも思えますが。」
展 心
「確かに、カタカムナが常識として通用する世界が実現できれば法律はいらないでしょうね。しかし現実はそうではありません。将来の展望をどれくらいのスパンで考えるかにもよりますが、ここ50年以内のことであれば、トランジションとして、法的根拠に基づく規制以外に有効な手だては講じられないと思います。現実的に考えてみて、仮に今すぐ人類が自然に対する一方的搾取を一切止めたとしても、これまでに破壊された環境が自然さを回復するだけでも相当の年月を要するはずです。」
健次郎
「しかし、資本主義的自由経済に多大なる制約を求めるような決定を、現行の国際社会が簡単に認めるとは思えませんが。いかがでしょう。」
展 心
「いかにも、規制だけではだれも認めようとはしないでしょうね。」
健次郎
「では規制の他にどんな手だてがあるとお考えでしょうか。」
展 心
「これはひとことで言えば愛の政治の実現ということになります。」
健次郎
「展心さんはかつて愛の政治家と呼ばれていたこともあったようですが、愛の政治というのは具体的にどのような政治とお考えですか。」
展 心
やさしく いたわり いつくしむ、これを人類のみではなく自然環境全体、生命現象すべてに適用するということです。そのために暮らしの安心・安全の根本条件として自然環境の本来的安定を保つということを最優先することです。人類社会全体の規模を考えれば、これは非常に大がかりな仕事になります。最終目標はすべての水と空気、あらゆる土壌のケガレをなくすということでしょうか。それにはまず、人類以外の生命現象の法人的概念形成が必要です。現状における自然保護という考え方ではなく、自然の側に法的生存権があることを明確化する必要があります。これはいわゆる自然環境全体の自然発生権と考えるのがよいと思います。道ばたに生える草木や虫にも対等に認めるべきです。その上で人類がこれまでにどのような自然発生権侵害をしてきたかを認識する必要があります。」
健次郎
「人権侵害の監視のようなものですね。」
展 心
「そうです。ただしこれは人類の義務としてではなく、あくまでも自然環境の権利として理解しなければならないと思います。というのは、現在の環境問題の根本的原因が、地球環境の人類独裁だと考えられるからです。なぜなら自然発生権とは、人類の存在とは無関係に地球の生き様としてそもそも存在していることだからです。」
健次郎
「たしかに、われわれ人類は言葉をしゃべらない対象は法的に対等と認めないというのがあたりまえですからね。仏教的概念では仏法の範疇に自然界も含まれてはいますが、憲法で政教分離をわざわざうたうのは自然環境に対する一方的搾取行為を制限しないための方策であったとも思えますね。」
展 心
「もしそこまで見通しての政教分離であれば、改正は容易ではないでしょうね。」
健次郎
「国策として基幹産業の方向性を環境の天然化に向けるというのは非常に合理的だと思いますね。」
展 心
「ただしカタカムナの可能性という点に関して言えば懸念がないわけではありません。」
健次郎
「というと?」
展 心
「詳しく述べることはしませんが、相似象学会と楢崎皐月の活動に関する顛末から察するに、非常に巧妙な潜在的抵抗勢力の存在が覗えることです。この懸念はおそらく払拭出来ないと思います。」
健次郎
「対策は考えられるのでしょうか。」
展 心
「相手の実体がまったくわからないので対策は考えようがありませんが、現在の国際社会の状況から言って、日本が成功させれば諸外国が同調する可能性はあります。」
健次郎
「やはり日本が鍵だとお考えですか。」
展 心
「ご承知のように、日本語はカタカムナの基底思念によって構築された48音を現在も使い続けています。これは脳細胞の後天的観念形成に関わる神経ネットワークの成長に他言語を使う民族と決定的な違いをもたらしていると思われます。」
健次郎
「フトマニ型文明であるということですね。」
展 心
「そうです、明治の革命によって初めてサヌキ型文明のシステムを導入したわけですが、幸いなことに日本語を使い続ける限りフトマニ型の脳形成は成されるわけで、潜在的には依然フトマニ型文明国家であるわけです。」
健次郎
「サヌキ型文明形態は表層だけだと。」
展 心
「生活手段の選択肢、つまり教育からはじまり、生産・消費のあらゆるシステムがサヌキ型にフォーマットされれば社会通念は容易に変化します。メディアの未発達な明治時代でさえわずか数十年で国体はサヌキ型文明に移行しています。」
つづく

無限軌道対談・・・・・カタカムナの可能性 [展心に問ふ]

その四 宗教と科学
ORGANIC.jpg


健次郎
宗教と科学の統一という話が出ましたので霊性に関するお話をうかがいたいのですが。いわゆる科学的常識の進歩に対して、宗教的常識が進歩していないように思われるのはいかなる理由とお考えでしょうか。」
展 心
「宗教的常識というのは、教祖となるヒトが示した言動に基づいて形成されるわけです。あえてヒトといいますのは、カタカムナ的に言語を使用する存在は神・仏であろうと人であろうといっしょだからです。これらを記述する際には当然言語が必要となります。ところが、本来宗教が教えようとすることは霊性です。この霊性ということが一般言語では表記できないということが根本的な問題です。つまり言語性能の限界と考えることが出来ます。」

続きを読む


展 心 に 問 ふ・・・・黒 船 と 原 発 [展心に問ふ]

展心に問ふ
富士.JPG

健次郎「いわゆる国家という概念からすると未曾有の危機的状況に至っていると思われる日本の社会状況に関して、カタカムナ的知見からの状況判断をお聞かせいただきたいと思うのですが。」

展 心「今回の一連の出来事に一番あてはまるのは、バチアタリということですね。天災である地震による被害は乗り越えることはできるでしょう。しかし原発による環境汚染という人災に関しては、はっきりと文明的軌道修正が必要だと思います。そもそもカタカムナには国家という観念は存在しませんが、クニというのはあるんですね。これは現代の国際社会における国家というのとは根本的に違います。カタカムナのヒビキマノスベシというのは、カタカムナのヒビキによってマノスベがシめされる、ということです。ヒビキはアマ始元量から発生した天然宇宙における基底波動ということで、これはあらゆる物質的自然環境の発生根拠となります。つまり、トキトコロに応じたマノスベシ・自然現象の発現ということです。これは天然宇宙の根本的発生原理つまりカミカタリで、発生根拠であるヒビキの波動成分に応じた現象しか出現しません。この原則に照らし合わせてみますと、人為的に生み出された原子力なるものもふくめ、現代人間社会という現象は、まったくもってカミをも畏れぬ反自然的現象だといえます。しかしながら、明治維新までの幕藩体制にみられた 地理的 自然環境の違いによる藩単位の自給自足システムは、マノスベの文明的進化形態として、自然環境の可能性質つき性を、非常に高度な複合利用に成功していた唯一の文明形態であったといえると思います。当時の藩単位のクニというのは、カタカムナ的クニの最進化形として存在していたといえるでしょう。」

健次郎「たしかに、当時の徹底した集約的自然利用の管理システムに比べれば、現代社会における天然資源利用は、自然に対する破壊的収奪システムとしか思えませんね。自然発生した人間社会がこれほど反自然的性質を帯びてしまう原因とはいかなるものでしょうか。」

展 心「一言でいえば 脳の下克上 につきると思います。ヒトノミチを踏み外した結果ということですね。これは相似相学会の宇野会長が最後まで言い続けたことですが、サヌキ型言語の使用過多による潜在アワ量の慢性的欠乏症、つまり観念的夾雑物による社会集団的精神病理と認識すべきです。現象としては潜在アワ量不足による感受性鈍化が原因ということです。」

健次郎「観念的な夾雑物とはそれほど影響を及ぼすものなのでしょうか。」

展 心「もちろんです。誤解を恐れずにいえば、人間社会そのものが観念的集団幻想であることは間違いありませんからね。教育と学習、宣伝と誘惑によって完成する集団幻想だといえます。」

健次郎「なるほど。しかしながら、かつての日本民族が抱いていた自然に対する畏敬の念も、ある意味宗教的な教育効果によるものとも思えるのですが。」

展 心「そのとおりです、問題はその観念の自然サによるといえます。」

健次郎「つまり明治維新以来我々日本民族の社会的観念の自然サが減少したと考えられますか。」

展 心「これは一朝一夕に起こった変化ではありませんが、長い鎖国政策により、国内の天然自然環境の、徹底した集約利用をもってフトマニ・天然文明化していた当時の日本人にとっては、奴隷と蒸気機関によって極端な鋼鉄武装をした西洋サヌキ型文明は、理解の範疇を超えた恐怖であったと思います。これはもう同じ人とは思えないくらいのサとして感じられたことでしょう。」

健次郎「その恐怖が、尊皇攘夷に結びついたわけですね。」

展 心「ところが、戦をしなくなって久しい武士の集団に、夷敵を打ち負かす実力がないことは、冷静に判断すればわかることだったわけです。当然国論は二分しました。このとき、冷静に西洋文明の本質を見抜き、日本文明の将来への展望を的確に判断することは、事実上誰にもできませんでした。そして結果的にサヌキ型文明開化への選択がなされて今日に至ったわけです。奇しくも当時現れた黒船が、夢の新エネルギーと謳われた原子力発電と全く同じ蒸気機関であるということは、偶然とは思えません。」

つづく

 

前の5件 | - 展心に問ふ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。