So-net無料ブログ作成
検索選択

手摺に見えない手摺を作る [鍛冶屋の手仕事]

 水戸の老舗料亭の改装に合わせ,”手摺に見えない手摺”という注文を受けた。

現場の寸法書きをもらい,デザインを起こす。

DVC00009.JPG 入り口玄関を入ると土間があり,置き石と縁側で二段の段差があり、さらに155ミリ上がって畳となる。この段差を安全に昇り降りできる手摺が必要なのだが,手摺手摺したものは内装との調和でつけたくないという訳だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

デザインが決まれば部材をたたく。

CIMG4517.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   鉄は熱いうちに打てば曲がる。ひたすら打ち叩いてまげる。

CIMG4523.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4527.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 CIMG4506.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4520.JPG

DVC00011.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       手摺部は相模湖産の桑の木で,友人のスティーブに加工してもらった。原寸上でレイアウト

DVC00015.JPG

 必要部品の型紙を取り。

DVC00016.JPG

 パーツをたたいて組み合わせます。

IMG_0594.jpg

 メインのプレートは”富士に雲”になっています。

DSC00110.JPG

 全てを組み上げ出来上がりました。DSC00113.jpg

 

 

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。