So-net無料ブログ作成
前の8件 | -

霊的革命戦争 [展 心 徒 然 草]

アマノウズメ.jpg

霊的革命戦争

 


 現代人間社会における霊性と理性のせめぎ合いは、経済的利益優先の理性に押し切られ、一方的な自然破壊によって霊性の乱れを拡張し続けている。


このような理性攻撃に霊性は全く抵抗しないというのが自然の摂理なので、ここは理性でなんとかしなければならない。いわゆる資本主義に代表される人類至上主義との決別を果たすのに、理性はなんの役にも立たない。霊的革命に必要なのは感受性のみである。そしてカタカムナこそが、霊的革命の戦力となるだろう。


 


 この戦争は誰も殺さない。むしろ救うのだ。物言わず、いかなる抵抗もせずに殺されてゆく無数の生命たちを救済するのだ。


癒しこそが唯一の戦術であり最大の武器なのだ。敵は倒すべき相手ではなく癒すべき対象なのだ。


 


カタカムナ・霊的革命の戦力


 


天下統一未だしてならず


明治維新によって崩壊した霊的安定社会の再構築のためには、人類のあらゆる社会活動を霊政として判断する霊的基準の策定が必要となる。


 


現代社会システムに失われた霊政・真のマツリゴトの必要性再確認と再構築


 


霊的防衛システム・ミマモリの構築 クニ(環境)・ヒト(生命力)・イノチ(生命体)を守るイヤシロスベの洗練


 


現実の政治システムに霊政を導入する戦略・ワザの鍛錬


 


感受性で霊政を実現し理性で行政を把握する・直観鍛錬ミキキ


 


マツリゴト・天下統一は霊に利する政策によって成就する。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

15の僕 [展 心 徒 然 草]

F6190C85-627A-4EAD-B42E-ACDAB6ED8834.jpeg

  人類の存在自体が自然現象だと気づいてしまった15歳の僕には、人間社会でどうこうすることはすでに考えられないことだった。すべきことはひとつ,自然現象として生きることしか無い訳であって,いかなる自然現象たるかということこそが生きる上でのすべての問題だった。

 さて、人間社会で自然現象としてイキルということは実に難しいことだと気づくのに、さほど時間はかからなかった。なぜなら、社会は十分にシステム化されており、現実のシステムにのっとったっ生活様式以外の選択肢を15歳の少年が選択することは、事実上不可能なことだった。

 中学3年生といえば高校受験のことが当面の課題となっていた。体制としての学校は個人の人生などには興味を持つ余裕などない管理体制によって、合格できるかどうかという唯一の基準で生徒に進路を決めるよう指導する。この方針は1人の人格を持った個人としては到底納得できるものではなく、当然のこととして僕は自ら進路の模索を開始した。とはいえ悲しいかな、15の僕は年相応の幼い少年だった。そんな幼い僕が選んだのは船乗りになるということだった。

そして『国立富山商船高等専門学校 』へ願書を提出した。(つづく)

 


イヤシロスベ [カタカムナ最前線]

革命家として最も重要な資質とは何かといえば、天然給与の生命力賦活能力だと考えている。この革命は人類のみならず、地球とよばれるチタマのイノチの顕われとして永続しなければならないため膨大なエネルギーを必要とする。その供給源を天然給与のカムヒビキの目的に応じた変換技術の総体によって維持する文明体系の構築を目指す。というのが天然永続革命すなわちイヤシロスベの骨子になる。

相似象解析2.jpg

形而上学としてのカタカムナ [カタカムナ最前線]

 位相解析.jpg


 当ブログ開設以来、様々な切り口でカタカムナを語ってまいりましたが、昨今の地球自然の惨状と人間世界の霊的混迷状況を見るにつけ、現代地球人類社会が抱える霊的諸問題を、全宇宙共通の霊的客観性にもとづいて認識する実用的実践哲学として、カタカムナの形而上学的有効性をいかにすれば発揮できるか、という課題に日々取り組んでまいりました。その結果、これまでのカタカムナに関する一切の記述は、新たに一から綴り直すべきとの考えにいたりましたことをご報告いたします。したがいまして、これまでの記述は新原稿と入れ替えに逐次改訂・削除いたしてまいりますので、ご承知おき下さるようお願い申し上げます。
 
 さて、まずはじめに、私が何故にこれほどまでにカタカムナにこだわるのか、その理由から申し述べねばならないと思います。それは
「真の世界平和の実現」
という唯一の目的を、この地球上で達成するには、カタカムナのサトリが最も有効な哲理たり得る、と直観するからです。 しかしながらここで言うところの世界平和の内実につきましては、既成の概念・価値観からすれば甚だかけ離れたものであることはお断りしておかねばなりません。それは人類が宗教と自然科学を手に入れる以前の根源的霊性に根ざしたものであらねばならないからです。そしてカタカムナこそが、その霊性を現代的に表現できる唯一の言語として機能すると確信するからです。

 もちろんこれは私がカタカムナのサトリを実践・実装した結果、当然の帰結としてそう考えるに至ったわけでして、それを人類全体の霊的共通認識として伝承することが、カタカムナのサトリによってもたらされた天命とも考えております。なぜなら、カタカムナ的常識からすれば
「世界平和の実現は 人類と地球自然の霊的調和によってのみなされる」
と、結論されるからです。

 人間社会は、その発生母胎である地球自然に対する畏敬の念を失ってしまったばかりか、バチアタリにも親殺しともいえる地球自然の破壊行為を、経済活動や戦争行為として日常化しています。そしてこのような状況下において、科学も宗教もまったく有効な役割を演じることが出来ていないのが現実です。それではなぜ、このような事態が改善されないのでしょうか。
 
 今、全世界を見回してみれば、国際社会の平和に対するアプローチは、イデオロギーの違いによって千差万別です。しかも、自然界の平衡安定を人間の社会生活を安定させることと同等に権利として認識するようなイデオロギーは、ごく一部の部族社会などに見ることができる、いわゆるスピリチュアルな、非常に特殊で限定的な社会集団にしか存在しません。とりわけ一神教(ユダヤ教•キリスト教•イスラム教)で構成される社会においては、自然は唯一絶対の創造神から人類に与えられたものという契約概念が存在するため、人類が自然界の一部であるという理念が存在しません。従って環境問題解決の動機も、人類社会のみの絶対的優先存続と安定的経済活動の維持拡大が目的とされるわけです。そして、世界の資本主義的経済活動や環境保護活動を先導しているのも、これら一神教徒の国々であるということが、世界平和実現上の大きな障害であると考えています。

 このような世界情勢の中にあって、日本の社会は少なからずアニミズム的な自然観を基底思念として持ち続けている社会だといえます。これはカタカムナのサトリが根底にあるが故の特性に他なりません。万物に宿る霊性を知識としてでなく通底感として認め、文明体系として日常的に神仏・八百万の神々に対する畏敬の念と科学的合理主義を共存させることが出来る文化文明的柔軟性は、カタカムナのサトリの平和的有用性の証明であると考えるべきことです。そしてこの日本民族に示される特性の現代的発揮こそが、地球上の真の平和実現のカギを握るものであり、カタカムナ人の末裔としての日本民族に課せられた使命であることを宣言するものです。


マニマニカムヒビキ [展 心 徒 然 草]


カムナマニ 音源ファイル [展 心 徒 然 草]

カタカムナな歌、うたってみました。

アマカムナカミ

マニマニ

 


霊性なる日常 [展 心 徒 然 草]

霊的覚醒者の孤独 あるいは 霊的二重人格者の多忙

 サトリ・霊的覚醒とはアタマ・智のめざめではなく、肉体を通した感受性としての感覚知の回復であり、全宇宙の霊性への回帰ともいえる。これはいわゆるクンダリーニと相似象をなす。
 
  ミキキして  カンずるヒビキの マノスベに  よりてサトリし  カシラハラ
 
 さて、人間界の言語によって霊的存在を表現する、ということは至難の業である。というより、人間の観念で霊的現実を表現しようとする試み自体が困難であるといった方がよい。なぜなら、今日人間界で使用されている言語のほとんどが 霊的日常からは遊離した観念の使用によって形成されていると考えられるからである。つまり 人間界の言語には、霊的本質に関する適切な表現が存在していないということでもある。
 霊的世界は人類の存在とはまったく関係なく存在している。人類とひとことで表現される自然現象の総体(これにはあらゆる社会的要素も含めてのことだが)は、確かに霊的世界の一部分ではあるが、総体の霊的世界の本質に影響を及ぼすような影響力はないと考えて差し支えない。
 そもそも、全宇宙に関する霊的統一の観念は、人類の言語の発達によってもたらされたことは事実であろう。端的な実証として、言語による観念思考が存在しない世界においては、すなわち人間社会以外の自然界は、一糸乱れぬ霊的統一のさなかに今でも置かれている。しかしながら その本質において直感された感受内容を直観として自らに説明しうるのは、体験者の大脳使用言語によってである。従ってその文学的表現は使用言語の表象能力に規制されてしまうのは致し方ないことでもある。
 
 誤解を恐れずに言えば、人類の歴史的事実からして 釈迦・イエスをはじめ、霊的覚醒に至った人物が過去においてその周辺の人々に対して語った表現は 、その生い立ちによる使用言語によってなされたと思われるが、自らの霊的直観を適切に表現しうる言語がないために、その本質を的確に把握・認識できずに終わっている。霊的覚醒者当人が把握・認識できないことを、他人に理解させることは、よりいっそう困難なことである。それがため、霊的覚醒に至ったものは、時の社会において、人間的には非常に孤独な存在とならざるを得ない。
 霊的覚醒は,覚醒者自身に自らの覚醒内容を他者に説明しうる能力を保証するものではない。人間社会において生活する人々に、人間界の既成言語・既成概念を利用して霊的世界を解説しようとする試みの成否は、覚醒者自身の表象能力の問題ではなく、使用言語の表現能力の問題なのである。
 
 霊的覚醒者に、対等な人間としての話し相手はできない。霊的覚醒とは否応なしに自らの存在と全宇宙との霊的統一を意味する。そこにはもう私は存在しない。私としてではなく、全宇宙の霊的存在の一器官として、直観を述べるしかない。
 そんな霊的覚醒者にとって、人間社会の様相はとうてい納得のいくものには映らない。全宇宙の霊的平等からして、人間界における宗教も自然科学も霊的平和に寄与するとはまったく考えられないからだ。
 
 霊的覚醒者にとって人類にあるのは希望ではなく贖罪のみである。自然を征服しおのが利便に供することで築きあげられた人類文明は霊的自然界に対する冒涜以外のなにものでもない。霊的には盲目とさえいえる現代人間社会での目に余る現象に、同じ肉体を持つ霊的知生体としていかに対処すべきなのか?ゲーテ・シュタイナーに通ずる言動は現代人間社会におけるキリスト教的霊的覚醒者の孤独の表れとして共感される。
 
 では、現代日本にカタカムナを再認識させた楢崎皐月はどうだっただろうか。やはり彼も孤独だったようである。
おそらく彼がカタカムナを科学的観点から考察した初めての人類であったことは間違いないだろう。当時の日本人としては、ずば抜けた物理科学的常識を身につけた人物であったことが相似象学会に寄せた解説原稿からも伺われるが、そのことが 明治維新以来失われつつあった 日本民族の霊的な状況修正よりも、欧米主導による 自然科学文明の軌道修正へと その矛先を向けたことも無理からぬことであったと思う。

 で、僕はといえば、たとえようもなく孤独である。30年にわたる流通システムのもとでのものつくりの生活。カタカムナとの出会いがなければ自殺という選択肢が比重を増していたろうことは間違いない。鬱病という精神状態はまったく無理からぬものであったとも思う。ただひたすらカタカムナによる脳内観念の置き換え作業と人間社会の現状分析を続けつつ、人間社会のシステムに依存しない生き様を模索しつつ、妻と息子と共に霊的二重人格者として普通に多忙な日常生活をおくっている 。
前の8件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。